初心者だからこそこだわりたいパドル選び -何を選ぶ?-

パドルの選択肢としては、
① サイズ: 長さ、太さ、ブレードの大きさ
② 材質: グラス、カーボン、プラスチック
③ 形状: ブレード、シャフト

などがあります。
各項目のリンクをクリックすると、さらに詳しく書いています。

① サイズ

・ 長さ
メーカーによって、2~3cm刻みでサイズがあります。
基本的には、目的と身長によって選びます。

・ ブレードの面積
ブレードの面積が大きければ、たくさんの水をつかめます。
キャッチが強く、ワンパドルで大きく動かしやすいです。
筋力にみあったサイズを選びたいです。

また、ブレードのどの部分が水を掴む中心部になるかは、ブレードのデザインによります。
ブレードの中心に近いのか、先端にあるのかはそれぞれなので、いろいろと試してみて好きな場所でつかめるものを選びたいです。

・ シャフトの太さ: 太い × 細い
太いシャフトと細いシャフトを選べるモデルもあります。
手のサイズと好みで選びます。

② 素材: グラス、カーボン、プラスチック
価格に違いがあるので、わかりやすい選択ポイントとなります。

グラスは、廉価で柔らかい、反面、削れやすい、やや重い。
対するカーボンは、削れにくい、軽い、硬い、でも高価。

筋力やチカラの伝えやすさによって、選びます。

③ 形状: ブレード厚い×薄い、シャフトまっすぐ×曲がってる
ブレードの厚さとシャフトの曲がりは、目的をもって選びたいです。

<ブレードの形状>
ブレードは、一般的な薄いものと、フォームが中に挟まって厚みのあるセンターフォームとがあります。

ブレードの薄いものは、ラダー系の動きでキレがある。
いろんなパドル操作をするダウンリバーに向いています。

厚いものは、ブレードに浮力を持たせているので、抑えたときに水中に沈みにくいので、フリースタイル向きです。

<シャフトの形状>
シャフト部分が曲がっているもの(ベント)と、まっすぐのもの(ストレート)があります。

基本的に、フェザリングに慣れていない初心者は、ストレートシャフトを使ったほうがいいです。
ベントシャフトは、目的があっていろんな方向へ曲がっています。
その目的に応じた曲がりを選ぶといいでしょう。

***

パドル選びは悩ましいですね。
いろんなパドルを試してみるのが一番です。

一日漕いでみないとわからないこともあります。
(例えば、硬いパドルはその場ではキャッチが強く感じられてよさそうに思うのですが、一日中使うと身体に負担が大きくて腰にきたりします)

パドル選びに迷ったら、気軽にご相談ください!